大分市でホワイトニングと予防歯科・痛くない3mix治療なら オレンジ歯科・おおいた先端予防歯科センター


< ページ改変中ですので、しばらくお待ち下さい >


 歯も神経も取らずにすむに越したことはない 
■虫歯が深くなると、現在は神経を取って中に防腐剤を詰め、
 冠をかぶせるという治療
が主流です。
 しかしこの神経を取る
「従来法」は長期的に見ると、
 噛み合わせの強さなどによっては根っこが割れたり、
 根の先が膿んでしまい再治療になることもあります

 当院では宅重先生の開発された「3Mix-MP法」を独自に
 改良した「
3Mix-AA法」を使い、虫歯が深い歯でも
 神経を残し、歯を長期的に保存する治療を行っています。
 特別な費用はかかりません
 この3Mix治療は最初から最後まで必ず院長が施術します。

診療時間案内
(一般・予防歯科、小児歯科、口腔外科)
(土曜は13:00まで)
9:00 - 12:00
-
14:00 - 19:00
-
-

 症例1(虫歯が深い場合) 
 ■たとえば、こういった深い虫歯。
  インレーが脱離して、放って
  おいたら痛くなったとのこと。

  神経がかなり近い・・・というか、
  もう神経出てそうな気もします。
  歯髄腔はかなり狭窄してますが、
  かなり凍みる様子。

  どう見ても、神経取って銀歯を
  かぶせましょうね
、という症例。

  ■実像。嫌気性菌が産生した
  黒い硫化鉄のおかげか、刺激が
  ある程度遮断されていたようです。

  まぁこういう症例でも、
  近心の古いCRはひっぺがして、
  ある程度虫歯を除去して
  中をしっかり消毒し、
  3Mix-AAで裏装して・・・

  ■CR充填で終わり。
  特に麻酔も要りません。
  削るのが怖い方や、
  凍みる方には麻酔します。

  欠けたりしたときは
  すぐに来院してもらいます。

  基本的に3Mix-AA法での治療は
  CR充填で終了し、この上に銀歯を
  かぶせたりすることはほとんど
  ありません

 ■浅い虫歯や乳歯にも適用可能。
  麻酔も必要ないことが多いので、
  注射の苦手なお子様でも大丈夫。
  
お薬が入るんで、少し削る
  必要はあります

 症例2(虫歯が神経まで到達している場合) 
 ■こんな感じの、もう完全に
  虫歯が神経まで到達しちゃってる

  症例。痛みもある。

  普通は神経取りますね。
  私も以前は取ってました。

 ■でも大丈夫、これくらいの欠損
  なら全く問題なく神経残せます。

  麻酔無しで軟化象牙質を除去、
  3Mix-AAで裏装して充填。

 ■1週間後、全然なんともなかった
  とのことで、他の虫歯治療に移行。

  よっぽど歯がボロボロだとか、
  セメントの充填が困難な場所で
  なければ、たいていは神経を残す
  ことが可能です
(でも完全に神経が
  腐ってしまってるとダメです)ので、
  あきらめずに一度ご相談ください。

 ※問診用紙の自由記入欄に
  「神経残したい!」とか書いて
  おいてもらえると、
  話がスムーズに進みます。

 歯根膜炎での感染根管治療症例 
 ■もちろん、なんでもかんでも
  3Mixで何とかなるというわけでは
  ありません

  どうしても痛くて痛くて、といった
  場合などは従来法で神経を取る
  治療をした方がすぐに痛みが取れ
  て安心できるかもしれませんし、
  虫歯などで歯牙の欠損した部分が
  大きすぎると封鎖ができず、適用外
  となります。

  右画像のように、従来法で神経を
  取った
歯の根の先に膿がたまって
  腫れてきた症例
などは、
  
(この方の場合は手前の6番も
  えらいことになってますが)

  冠や詰め物、中のお薬などを
  除去して根の中を消毒し(ただし
  消毒殺菌には3Mixを使用)、
  腫れや痛みがなくなり次第
  またお薬を詰め直して冠を
  かぶせる、という
従来法の適応
  なります。

  根充(最終的なお薬を根に
  詰める)は3Mixで行っています。 



 ・従来法(神経を取って冠をかぶせる治療)を行った場合、その後起こりうるリスクまで説明されることは
  少ないと思いますが、
何年か後に以下のような症状が出るリスクがあることは知っておきましょう。
  
どちらの場合も、抜歯になる可能性があります。

歯根膜炎(根の先に膿が溜まって腫れる)
歯根破折(根が割れる)

 ・左下6番、根分岐部-根尖の骨が溶けて
  無くなってしまっている。近心根には
  穿孔がある(青丸部)


 ・右下6番、近心根が破折している。
  こうなると保存は難しい。
  抜歯再植でなんとか保存できることもある。

 当院での乳歯の3Mix治療例。 

 ■右下の乳歯に痛みを訴えて
  来院。右下のEに大きな虫歯
  (CR脱離か)と、Dの遠心に
  CRの破折が見られる。

 ■レントゲンを撮ってみると、
  完全に露髄(神経が出てる)
  症例。

  さあ、麻酔して神経とって
  銀歯をかぶせる?

 ■いいえ、3Mix-AAで裏装して
  CR充填で終わりです。
  麻酔もしていません。

  暴れるお子さんにはちょっと
  無理な治療法ですが

  お口を頑張って開けていてくれ
  れば、15分程度で終わります。

  あまりに虫歯が大きい場合は
  神経を取ることもありますが、
  たいていの虫歯はこういう治療
  で、1回で終わることができます。


■大事なのは、
神経を残す治療をしなければならないような
 深い虫歯にならないように普段から予防に注力し

 定期検診を行うことです。

 定期検診の際も、歯医者といえどレントゲン無しには
 歯間部や冠の下の虫歯は見つけられない場合もあるので、
 パノラマレントゲンを1度取ってもらい、口腔内の全体像を
 説明してもらった方が良いでしょう。

本治療を行う際は必ずメリット・デメリットについて説明し、
 納得いただいた上で施術しています。

 もちろん、従来法での治療を選択されても構いません。

診療時間案内
(一般・予防歯科、小児歯科、口腔外科)
(土曜は13:00まで)
9:00 - 12:00
-
14:00 - 19:00
-
-

歯髄保存のいろいろ

<現在執筆中>


Copyright(c) 2016 ORANGE DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.